FC2ブログ

プロフィール

つくしめだか

Author:つくしめだか
お魚飼育を始めて30年。
根っからの魚好きな
魚座の雄です。 
よろしくお願いします!


最新記事


カレンダー

02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブログ内検索


全記事表示リンク


加温飼育で産卵が止まったあるある話の解決法

皆様おはようございます!!





肩の痛みは95%回復した筑紫めだかです( ̄^ ̄)ゞ( ̄^ ̄)ゞ

イベントまでに選別網が右で握れるようになってホッとしております(笑)


今日は加温飼育あるあるな話です


加温飼育で産まない、又は産んでたけど産卵ストップした等等で産んでない個体
どうしましょうという話です。



先ずは日照時間13時間以上と水温20℃以上は産卵条件に当てはまっているかという事が絶対条件です。

産んでたのに止まったという場合、水質の悪化や産卵適齢期を過ぎてしまった、過密になって来た等が考えられます。

具体的には

水質が悪化すると産みが鈍り餌食いも悪くなります。
これは水替えをきちっとやると解決します。


ずっと加温で育ててる場合初産卵から2か月目あたりで一度産まなくなるパターンがあります。
屋外なら5月から産卵が始まると7月下旬には産みが鈍って来て秋にまた産卵が復活するのと似ています。
これは一度加温を切って常温飼育で水温を下げた後また上げるか、
徐々に水温を下げ屋外に出し春から屋外で頑張ってもらうようにしてあげたら良いかなと思います。

成長とともにスペース過密になったり、沢山増やそうと育ってきた個体を繁殖用にいれたりすると産まなくなったりします。
屋内で10リッター程度なら1水槽当たり2ペアくらいまでが上手く採卵できる範囲かなと思います。


そもそも産まない個体はこの時期なら加温に見切りをつけ屋外飼育に切り替え春から自然な状態で繁殖させるのが良いと思います。

この時期屋外を見据えて段取り組んでいくと良いと思います(^^♪


さてさて、イベントでも販売予定の小野系紅帝

DSC_0031 (2)

是非入門者の方に飼育してほしい品種のうちの一つです。

DSC_0022 (2)

何故なら簡単だけど難しい側面も持ち合わせています。

血統が良い事は勿論なのですが、容器の色や置き場所、管理の仕方で発色が変わりますので飼育者によって成長した姿は大きく変わります。

DSC_0026 (2)

単純な発色の個体だけに、基本の基が要求されます。





実は、、、


3月14日のイベントでは

上級者の方用ににこれ以上の極赤の楊貴妃を2ペア限定で用意しています( ̄^ ̄)ゞ


その名も久万楊貴妃!!




それでは!!

今日も頑張りましょう!!


I hope to enjoy your medakalife!!

1ポチリお願いしま~す!(^^)!↓


にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村




↓公式LINE登録はこちらからお願いします↓

LINEによる特売品UPのお知らせ、WEBショップの更新情報、イベント情報、アフターフォロー等メリット沢山!!


筑紫めだかのショップはこちら



1614296921413_20210226084912.jpg


スポンサーサイト




 | ホーム |